#ホビヲの読書感想文

読んだ本の感想を原稿用紙一枚分くらい書きます

鬼太郎の地獄めぐり

鬼太郎の地獄めぐり (角川文庫―水木しげるコレクション)

  • 著:水木 しげる

死んだらどうなるのか?
だれもが疑問に思うも、死後の世界を見たものはいるわけなく、答えることができない。

時代により、地域により、宗教により、様々な想像がなされてきた。

葬式仏教と揶揄される日本の場合は、死後、山に登り、川を渡り、裁判を7回受け、6つの世界のどれかに生まれ変わるという。

そんな馬鹿なと思うも、数百年に渡り信じられてきたフィクションに、いまさら異議を申し立てるのは野暮な話。
もう、エンタテインメントとして楽しむのが正解だろう。

本書には水木しげる先生の答えがある。
なかでも、鬼太郎の母親のエピソードは胸が痛くなる。必読。