#ホビヲの読書感想文

読んだ本の感想を原稿用紙一枚分くらい書きます

竜馬がゆく

竜馬がゆく(一) (文春文庫)

  • 著:司馬 遼太郎

本書を読んでいた学生の時、忘れられない思い出がある。
新幹線で隣に座ったおじさんが、「竜馬がゆく」を読んでいたのだ。

自分が手にしている書籍と同じものだ。

3時間ほどの移動時間、隣り合わせになったのも何かの縁。
おじさんに声をかけようかどうしようかものすごく悩んだ。

「あれ? 神戸海軍塾は解散しちゃいました?」
「もう、薩長同盟は結ばれましたか?」

しかし、いきなりそのような質問をされても困るだろうと思い、ぐっと堪えた。

あれから、20年ほど経ったが、声をかけなかったことは、今でも後悔していない。

竜馬がゆく(一) (文春文庫)

竜馬がゆく(一) (文春文庫)